2019年05月15日

楠木正成について

 かつて私が歴史上好きな人物を三人挙げた覚えがある。
 菅原道真、張良、そして楠木正成である。
 三人に共通するのは「策士」というところだと思う。中でも張良は私に「私も参謀になりたい」とおバカな夢想を抱かせた人物で、これが諸葛亮ではなく張良だったのは、ひとえにさりげなさにある。諸葛亮はなんか私には目に見えて才気走った感がある。「は、この人すごい」と、よく考えるとすごいと気づかされる、そういうすごさがやっぱりいいな、なんて思うんだけど。
 なんで今回こんなこと書いているかというと、三人目に挙げている楠木正成なんだけど、いつだったかに私がライトな人間だからといって天皇崇拝をしているような勘違いをしている人がいた。
 違いますよ。
 楠木正成が好きなのは、まず郷土の英雄だから。
 楠木正成はうちの地方ではまず物心つく頃から祭り上げられていて神みたいな存在だった。子供の頃は間違いなく神様の一人だと思っていた。これが人間になったのが小学校三年ぐらいの時で、社会科で郷土史をやり始めるんだが、ここで歴史上の人物だと知るように至る。ここでは決して後醍醐天皇へ忠義を貫く忠臣とは教えられず、幼名、教育、地元の治水・分配事業や、いかにあの戦を戦ったかを教えられる。郷土史を学ぶ段が過ぎても、折に触れて正成のエピソードは社会の授業のどこかで出てきたり、生きていたらどこかで正成の話とすれ違ったりするのだが、大人になる頃にはそのゲリラ戦を通して「アイデアマン」ということがだんだんわかってくる。策士なんだよね。
 それで鎌倉方に勝利する一ルートを築くわけだが、あの小さな田舎からよく時の政権を倒す一勢力になりえたものだと感心する。
 そしてその死に際を、後醍醐天皇への忠義故にあえて裏切らず後醍醐天皇方につき、「天皇家への忠臣」として近代持ち上げられるのだが、私はその解釈は違うと思う。
 だって天皇家への忠臣なら、天皇になる人にひたすら忠義をつくさない? 後醍醐天皇の立場が危うくなり、廃される状況になれば、ちょっと様子見るよね。
 そうではなく、正成の場合は、後醍醐天皇という一個人への忠義だと思うのだな。
 忠義という言い方も何かふさわしくない。そりゃ立場上は忠義になるけれども。
 簡単に言えば、私が思うに正成は、後醍醐天皇が好きだったのだな。恋愛のそれではなく。
 もちろん前の政権の初期、鎌倉方についた人たちが、後どんどん滅ぼされていったことを考えれば、たとえ足利方に寝返っても、後一族ごと滅ぼされ、さらに天皇を裏切った逆賊という汚名まで着て歴史に名が残ることも想定し、そういう計算も働いていたかもしれない。でも彼が後醍醐天皇から離れなかった理由で一番大きいのは、後醍醐天皇とすごく気が合ったからではないのか。不敬だとののしる輩を恐れずに書くならば、親友だった。
 で、この、気が合ったからというのを想ったのは相当後になってからで、後醍醐天皇の陵墓に行ってから。意外だった。最初は人里に向かって作られているのかと思っていた。なるほどな、こういう場所がいいんだと思うと、正成とは気が合っただろうなと思ったものだった。
 気になる人は一度奈良県の吉野山にある後醍醐天皇陵墓と、千早赤阪村の楠木正成誕生地駐車場から西の景色を眺めてごらんなされ。城跡がいくつかあるから、それをめぐるのもいいかもしれない。
 私の中では、正成が「友のために命を捨てた」。
 男の友情っすよ。
 その潔さがやはり正成の気持ちのいいところ。
 歴史の解釈はいろいろあろうし、そんな感覚的なこと言われても…と言われるかもしれないけれど、私は歴史学者でもなんでもないし、忠臣としてあがめ奉られた正成も知らず、それどころかゲリラ戦で命を失おうとも、今もなお村人に「楠さん」と命日だったか生誕日だかに偲ぶ祭りを開かせる、知っているのはそういう人物像。あの小さな山村から、時の政権に大打撃を与えたアイデアマン、気概、男気。
 世間でなんとなく知られている正成と、私の中の楠木正成は違う。
 東京の皇居近くに忠臣として像があるそうだけど、むしろその「忠臣」の方が違和感を覚える。「忠臣」で片づけられると激しくイラっとする。

 私も左派は十把一絡げにしがちだけど、右派にもいろんな右派がいる。
 憲法改正だって、いつまでも日本国内に多く米兵を駐屯させて、騒音と事件に悩まされるのもいかがかと思うのと、いざとなったら日本国民のために命を捨てるかもしれない自衛隊員に、いつまで「違憲だ」と言って攻撃するのかと思うから改正賛成なのであって、別に戦争したいわけではない。「教え子を戦場に送るな」と掲げている教職員組合の人達も、自分の教え子が攻撃の矢面に立った時、「やめなさい、もうみんなで死にましょう」なんて無責任なことがいえるのかと思う。(だいたいあの人たちはこちらから戦争に行くことしか考えてない。実際は襲撃の可能性の方が高い。武器を持たなかったおかげで攻撃されなかったとかまだ冷戦時代の状況と混同している。)特に沖縄で米兵による暴行事件が起きるのだって、妻や恋人と長く離れ、恋人さえも作るのが難しい状況だから起こるのであって、これが遠くても二時間で済む距離の日本人ならまた違ってくるはず(要衝故に兵の駐屯はまぬかれないという事実を前提で)。いつまでもアメリカに守られて、いつまでも国として自立しないのはいかがなものか。それに憲法改正すれば、もしかしたら弾道ミサイル(核爆弾搭載のも含めて)を無化できる人工知能による「弾道ミサイル方向転換ロボット」とか作れるかもしれないじゃない。研究費が増えれば、別のところに応用も可能になる。だいたい今携帯電話が普及しているそもそもが誰のおかげかというとアメリカ軍のおかげで、確かに負の側面は大きいけれど、技術発達に一役買うのも事実。核に勝つのは核ではなく、核を無化する技術と政策だと思う。

 ただ人を殺すから戦争をしたらいけないのではなく、なぜ戦争をしたのかからをまずきちんと教え、二度と繰り返さないための教育をすべきじゃないのか。こんな食糧自給率も低く、資源もなくてエネルギー革命も後手後手な国で、いざただ海を囲まれただけでも、攻撃するか飢え死にするか侵略されるしかない状況を作っている現状、そしたらまたあの戦争の二の舞じゃないか。いざとなったらどんなに平和教育されていても自分が死なないために家族が死なないために発起してしまうものだ。
 戦争を美化して、死ぬ時の悲劇をお涙ちょうだいで売りにする作品も、誰も非難しない(私は嫌いだ)。左翼がそういう作品を非難しないのも、不思議なことだ。あの人たちは、なんのために何と戦っているのだろう。武器さえ持たなければ、最悪の事態を回避できると思っているのだろうか。最悪の事態に追い詰められたら一か月と持たず全部ひっくり返してしまう。人というのはそういうものだ。
 楠木正成のように、信念と心中する人はまずいない。
posted by さきはなきよら at 13:00| Comment(0) | 日々雑感