2014年10月20日

小渕優子氏の政治資金を計算してみた。

 すぐ消すかもしれません。

 小渕優子氏の政治資金について、後援会の方々と観劇に行った、その収入と支出が合わないという件。
 読売新聞を読んでいたら、ちょうどBSフジのプライムニュースで飯島勲内閣官房参与や民主党の福山議員が出ており、読売新聞の記事にある通りにその観劇にかかったお金を計算してみた。
 これなんだけど
観劇収支ズレどう説明、公私混同疑いも…小渕氏
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141020-OYT1T50026.html

 たぶんしばらくすると見れなくなるのでそのまま引用すると、
 4団体の政治資金収支報告書には、東京・明治座で開いた観劇会の「入場料・食事代」として計約5024万円が計上されており、これに群馬―東京間の往復バス代が加わる。一方、収入は10、11年分の計約742万円のみで、08、09年分は記載がなかった。支出が収入を約4282万円上回っており、この差額分を団体側が負担していれば、公職選挙法が禁じる有権者への寄付とみなされる可能性がある。

 ただ、記載が正しいとは限らない。小渕氏は国会で、入場料やバス代などとして1万〜1万2000円の実費を徴収していたと説明した。今年10月8日の観劇会資料には、45人乗りのバスなど26台で明治座に向かうと記されている。複数の参加者によると、1、2階の計1224席は満席で、会費は一律1万2000円。過去もほぼ同額で、会場も満員だったという。

 仮に開催が年1回で会費が1万2000円、会場が満員であれば、約5875万円の収入があった計算になり、逆に収入が支出を上回っていた可能性も出てくる。収入を過少に記載していれば政治資金規正法違反(虚偽記入)、収支の記載がない12年分は同法違反(不記載)の恐れがある。


 会費は参加者みんな払っていたというのが福山議員の証言。
 すると、一人12000円×45人乗りバス×26台=14040000円。
 これが4年分だと、5616万円。ただしバスは45人のりといえども、45座席全員が埋まるはずもない。
 また読売新聞の書くがごとく、「満員に見えた」としても、玉置浩二の公演でも前あったんだけど、「満員に見えるように少しずつ席を空けて調節する」という配慮はするもの。また貸切なはずでも、貸切以外の人も若干入れるもの(私が学校から行った文楽鑑賞会はそうだった)なので、計算すれば年に180人ほど、空席&別の人が入っていることもある。
 普通に考えて支出は多分5024万円で問題はなく、収入もそれに近い額だったのではないかしら。
 742万円が何の数字かはわからないけれど、この空席分4年間の数字に一番近い。
 空席(あるいは他人分)180席×12000円×4年分で、864万円。(当然これは単純計算)
 私が勝手に考えるところによると、5024万円と742万円をあわせれば、5766万円になり、もし864万円であれば5888万円になり、明治座を埋める読売新聞が書くところの5875万円と近い数字になる。
 だから5766万円最初払っていたけれど、実質5024万円になり、キャンセル分とか集まらなかった分とかのおつり742万円と考えれば、全部計算があうのじゃないのかしらん。
 予約はするけどそれが当日実際の数とは限らないので、こういう差額が生じるっていう。
 全部そのレシートが残ってないか、どこか間の人が書き方が変だったためにおかしなことになったっていうか。

 え、だから記載(もしくは転載)ミスって言う・・・。

 飯島参与は四年間の小渕優子さんの収支報告書を全部コピーしてそこに積んであり、「こんなにガラス張りでいちいち書いてあるものはない」などと申されていました。

 そこでここまで計算して私は思ったのですが、こんな出そろったら簡単に計算できてつじつまがあってしまうことを、なぜ赤旗も、週刊新潮も、質問している民主党議員も、しなかったのでしょうか。
 出された資料(もしくは持ち込まれた記事)を精査も調査も取材もしないで載せると、こうなるってことでしょうか。

 どこか間違えてる? 間違えてたら消すわ。計算は不得意だし。
posted by きよら at 21:38| Comment(0) | 社会・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。