2017年03月05日

小説『箱の中』覚え書き

 「箱の中」に関してはほとんどブログに書いてないので一応覚えている限りを書き記しておきます。
 稿を起こした理由は電子本の最後に書いておきましたので、あれでよろしいかと。
 ちなみに書く前に宮本輝『錦繍』、谷崎潤一郎『鍵』は読んでいますが、参考にはしていません。方法として参考にしたのは谷崎潤一郎『春琴抄』。
 参考文献は臨床心理学者、霜山徳爾の「人間の限界」。
 BGMは記憶せず。
 登場人物の名前の由来は順番に、海辺真理子が、当時アルバイトでいってた塾の生徒に「海辺くん」という子がいて、ああ、こんな名字あるんだと使わせていただいた。たぶん珍しい名字だと思う。
 平田一志も同様に、塾の生徒の平田君からとってます。中学生でした。背は作中ほど高くなく、「目がいつも潤んで見える」という特徴のみがかぶります。
 菊川寛。菊と川と両方使いたくて菊川。親が菊池寛にあやかったということにして、菊池寛から寛をいただきました。
 白石幸は、当時知り合いだった同学年の彼女に、「綺麗な名前、どっかで使っていい?」とお許しをもらったものですが、そのまま使うのはあまりに問題があると思い、若干もじって、「白橋」をあえて「石」の字にかえて白石。今読み返すとやはり背格好のイメージがどうしてもかぶる。でも彼女は美少女でもどこか印象的でもなかった。比較的フツーの人だった。
 私の小説は実在人物や過去の何かから引いてきてる場合があるので不用意に使うとリアルに一般人でいることがありますよ。知りませんよ。

 電子本の最後に三人に読んでもらいながらと書いたけれど、今思い起こせば二人が同時進行で、一人は書き上げてからかもしれない。それでその最後の彼女が本にしたらと言ったのがきっかけで書籍刊行に思い至った。当時1300部かな。図書館発注数ではその出版社始まって以来の数字だったらしい。(つまり図書館に行ったらある。)
 
 谷崎潤一郎研究の中で「朧化」という言葉が出てくるんですよね。あえてはっきり書かない、という。で、それはかえって想像力をかきたてられていやらしくなる、故にあえて谷崎はそういう書き方を心がけたと。
 それは確かに意識したかな。低年齢層にはわからないようにと思いながらも、わかる奴にはエロく。かつ直接描写を控え、極力内面の動きに注力して描くと。
 あのシーンは映像化するとやらしくもなんともないシーンではないかと思う。学校の中という設定上必要だったというだけでなく、あえて男性視点で書いた。というのも当時、何で読んだっけな、女性作家にそういうシーンでもっと女性をさらけ出してと編集者が要請しているというのを読んで、今小説読者って女性の方が圧倒的に多いのに、それは違うんじゃない? ボーイズラブが相変わらず受けるのは、男性側からのを見た方が女性に受けるってことだろうと、男性性からの描写を採用。できれば、読んでる男性が羞恥を感じるぐらいに、ということで。
 男性側を書くための参考資料ってたくさんありますからね。ペラペラしゃべるから、男の人は。

 ということで、覚え書き。
 また何か思い出したら書きます。
posted by きよら at 17:41| Comment(0) | 小説更新日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。