2017年10月28日

ミスドでこう考えた

 ミスタードーナツに行ったら夕方なので6個600円というのをやっていた。
 6個も要らない。
 食べきるのに三日かかる。
 この店の欠点は、一つだけ二つだけ買って帰るというのがしにくい。四つでも抵抗がある。単身者世帯が多いのになんでこんな大名商売的な売り方するんだろうと思う。
 一個二個買う人に、透明の袋か、紙で中が油よけしてる袋に入れて店員がガチャンとやれば自動的に空気入って閉じて、そのまま鞄に入れて持って帰れる機械をレジ横に作っておいておくとか、既に袋に入れていくつか置いて専用レジ作るとかすればいいと思わない?
 値段を下げるならそれぐらいすればいいと思うんだけど。
 6個売りだと紙袋になり、箱に入れてもらえないのでつぶれないよう気をつけて帰らないといけない。昨今菓子パンでもつぶれないように全て空気充填して袋詰めして売られているのになんか怠慢な感じがする。
 イートイン以外に持ち帰りの飲み物もないよね。
 
 でもよく考えたら駅近くのパン屋も似たような売り方して似たような値段で普通に買っていくのに、やっぱあそこは二個だけを買いにくい。パン屋みたいにビニール袋に入れて手提げに入れて、はい、みたいな手軽さがない、というかやっぱり紙袋があかんのよ。大量買い前提の売り方がいけない。
 しかもドーナツってパンと違って基本昼食べるもので、昼の客がどう流れてるかもあんまり考慮に入ってない。会社員の昼休みやちょっとの外出の時にスイーツは欲しく、昼食を食べた店に入ってそのあとミスドにイートインしてる時間はない。間が悪くダラーと並んで箱詰めしてるレジに一個の持ち帰りもしづらいし時間もない。
 主婦が買い物に出て、スーパーにあるミスドの前を通っても一個買うのはしづらい。しかもミスドの入ってるスーパーには大方ハンバーガー店が入っていてハンバーガー店のコーヒーの方が安く、だったらハンバーガー店のスイーツですます。同様に学校帰りの女子大生女子高生の動きも似た感じ。飲み物とあわせたら500円超えるよね。これは彼女らの昼御飯代と同じかそれより高い。主婦によっては三倍する。バブル期を知る世代ならちょっと自分に贅沢とかいって入るけど大方の若者は物心ついた時から不況なんでそういう贅沢なことはしない。
 イートインのコーヒーの値段を下げて質を落とせというのではなく、帰りに一個買って帰って家で食べやすいようにするべきだと思う。
 それかいっそもう作りたてにこだわらずその日のうちにさばけたらいい程度なら近所のハンバーガー店などと協力すればいいのに。夕方の駅近くのマクドナルドにいるとコーヒーと軽いサイドがすごい勢いで売れている。でも甘いもののメニューの数はお粗末きわまりない。「ミスドあります」店をつくればよいのだ。
 
 ちなみに6個買って帰ったんだけど、作りたてじゃなくても別にそう味が落ちるわけではなく、持って帰って冷蔵庫に入れても味はそこまで落ちない。エンゼルクリーム系をのぞく、たいていはラップにくるんで電子レンジで十秒でやわらかさが戻る。(これはおはぎや団子も同じ。)エンゼルクリーム系は逆に、持ち帰りの柔らかさが保てないなら冷蔵庫であえて冷やしてしまって、食べる時にお皿にのせてナイフとフォークで食べるとおいしい。
 …なんて持ち帰りの工夫もどこにも説明がなく、ただ今まで通り売るだけの売り方では衰退の一途をたどるのみだと思う。

 一個から買える、それがスタンダードにならないと生き残りは難しいのではないかと思った。
posted by きよら at 22:57| 日記