2018年01月31日

韓国ドラマから朝鮮王朝の性奴隷制度について考えてみた

 間違えたことを書いていたらご容赦いただきたい。
 とりあえず、慰安婦問題は別として、韓国ドラマは出来のよい作品が多いです。多いので日本のよりは断然見ます。しかし忙しいのでそれほど数をこなしているわけではありません。
 正直な話、かつては韓国という国にはさして興味がなかったので、慰安婦問題が出てきたときも、あれだけ大きな声で訴えるんだから、てっきり、日本における遊女のような存在はないのかと思っていました。ところが、ソン・ヘギョ主演映画『ファンジニ』を見た時、「なんだいたんじゃん。」と思いました。
 『ファンジニ』は朝鮮王朝実在の人物で、ドラマの『ファンジニ』の方が知られています。映画の『ファンジニ』は、両班という貴族階級の娘が落ちて妓生(キーセン)という職業に就く話。ドラマの『ファンジニ』だと日本でいう芸子の話かなと思うのですが、よくよく両方を照らし合わせてみると、ドラマと映画で焦点の当て方というか、書き方が違うだけで、日本の江戸初期の遊女が、春を売るそれと、芸妓を兼ね備えていたのと同じように、朝鮮王朝初期もどうやらそれらしい。それが日本の場合、時代を経るにしたがって、春を売る遊女と、芸を売る芸妓に分かれていったのだけど、朝鮮王朝は、ほぼ、分かれなかったらしい。

 さて、そういう階級がいるのだなと認識していた上で、キーセンというのがどうも日本でいう遊女に相当し、今現在NHKで放送中の『オクニョ〜運命の女〜』(原題『獄中花』)でも、マノクという登場人物がソソロウというキーセン宿に勧誘されるとき、「うちは体を売るようなことはさせない」と言っていたのからもわかるように、普通のキーセンは当然売春もする、のだということがそこでわかる。
 この妓生(キーセン)という遊女たちは、wikipediaという出自確かならぬネット上の辞書によると、多くは奴婢の階級のものであると。朝鮮王朝には奴婢という奴隷階級があったのだけど、そういう人たちが従事したものだという。
 
 では一体それがどういうふうに行われたかと。当然キーセンという職に就こうとして就いたというのがあるのだけれど、気になるのが、自主的でない性奴隷の人たちがいたということ。
 最初に目についたのが、『イニョプの道』(原題『下女たち』)のワンシーン。主人公ともう一人の下女が主人から「種受けになれ」と言われる。(ちなみにこの作品の中では「奴隷市場」の話も出てきて、そこに売りに出す話も出てくる。)最初見ていて「『種受け』ってなんじゃい」と思っていたら、話が展開するにつれて、両班という貴族階級に子供ができない場合、奴婢の女性とただただ子供を作るためだけに性行為をし、出来て、産んだら、側室にもせず手当さえも与えず子供だけとりあげてさようなら、という制度らしい。仮腹といえば聞こえはいいが、見る限りでは、「行きなさい」→行く「入りなさい」→部屋に入る、ガバッって感じで、本人が内心嫌だと思っているのにも関わらず、嫌が言えない。当然のごとくそれに従事するのが当たり前。人権なんて全然ない。言ってみるならば「強制」。
 この「種受け」制度は日本が韓国併合したときに禁止したので、それ以降はない制度らしい。
 
 いや、とんでもない「性奴隷」ですわ。

 で、その『イニョプの道』ではやはり、言うことを聞かせるために2人の奴婢を見せしめに肉体を痛めつけるという場面も出てくるのだが、それを見ていて、かつて櫻井よしこ氏が「慰安婦を連れていくときに、みんなが嫌がるので皆の前で裸にして体を血が流れるぐらい痛めつけ、そして言うことを聞かせるのですって」(若干間違えているかもしれないけど大筋はこんな感じ)と紹介しておられ、「日本人がそんなことするはずないじゃないですか」とも付け加えていらっしゃった。確かに日本人の感覚にはそぐわない。根底に「武士道」があるし、仁を重んじるし。はっきりいって「美しくない」ことは、したことがバレたら武士に怒られるし、そもそも民衆もしない。が、このエピソードは、韓国ドラマの時代劇を見ていたら、うんうんうんという場面によく遭遇する。朝鮮王朝では珍しくないことではないかと思う。
 つまり、櫻井氏が紹介していらしたエピソードは、朝鮮人の中では珍しくない行為なのではないかと。もっというと、それは朝鮮人だけの中で行われたものだと。
 私見だけど、そこに日本の軍服だか警察の服だか来て強制していったというんだけど、韓国併合時代の韓国は、そこは日本統治なので、そこにいる軍人も警察も日本の制服を着ているんだよね。で、普通に考えて、大韓帝国で雇われていた軍や警察をいったん解雇して雇いなおすよりは、現地民をそのまま雇った方が煩雑ではないし土地にも言葉にも明るいわけで、制服だけ着替えさせて従事させたと考える方が自然じゃないかと思う。警察は朝鮮王朝時代のポドチョンだよね。軍も普通に存在した。賄賂が慣習的に行われていたのも普通に描かれている。早い話、そこにいた警察と軍は、現地の韓国人じゃないんだろうか。

 話を戻しましょう。韓国ドラマの話。
 イ・ビョンフン監督作品に『馬医』というドラマがある。これが面白いんだ。ところどころ、「あれ?なんか変じゃない?」という展開もなくはないが、それを振り切っても見られる。
 その『馬医』はエピソードの最初で、えん罪で処刑された両班で医師の父親の子(男)と、その父親に恩のある奴婢の子(女)が、入れ替えられるのだが、クライマックス近くでその身分が元に戻るというシーンが出てくる。その時に周囲が必死で奴婢に落ちるヒロインを助けようと奔走するのだが……もう、一刻を争うという感じで、なんかおかしいなと思って見ているのだけど、なんでそこまで急ぐのかの説明が全然ない。もしかして性奴隷にでもされるのかしら、と思っていたが、結局答えはなかった。
 そして、上でも紹介した同じくイ・ビョンフン監督作品『オクニョ〜運命の女〜』(原題『獄中花』)。これは二〇話ぐらいまでだるかったけど、途中から確変するのだ。
 で、その作品の中で、主人公のオクニョが罪をきて奴婢に落とされる場面がある。官婢かな、という感じなんだけど、ある時都から貴人がやってきて、そこでオクニョがある部屋に呼ばれる。「本日その貴人の夜伽に…」という展開になり、着替えさせられ化粧をされて、「こんなきれいな子は見たことがない」のどうのというのだけど、オクニョは内心嫌だと思っているのがよくわかるのだが、嫌だと言わない、言えない。まるでそれが奴婢に与えられた役割の一つででもあるようにさえ見える。
 してみれば、『馬医』も、一刻を争うように奴婢になるのを阻止しようとしたのは、結局はヒロインにそういう運命が待っていると知っているからなのかと、やはりそうなのかと思った。思い返してみれば、ヒロインは子供の頃、入れ替えられた方の親の罪のためにやはり官婢になっているのだが、大人になる前に逃げ出している。つまりそういう運命が待っているせいなのかと。

 ここで、大きく私見を入れると、なぜ彼女らが否を言わないかというと、言うと折檻されるのだと思う。拒絶し続ければ奴隷市場へ売られる。そういうふうに定められた階級なのではないのだろうか。不美人なら下女に、見目麗しければ夜伽も。官婢、私婢として仕えているものはそうで、そうでないものは多くは若年時キーセンになり、それが朝鮮王朝キーセンの基本となった。
 すると、キーセンというのは親の必要に応じて、あるいは主人の必要に応じて、そのキーセン宿に文字通り「売られた」。日本の遊女制度は、借金や一定の金のために遊女屋へ「売られていく」という言い方をしますが、期限を限った契約であって、本当に奴隷のように売られるわけではありません。本人合意のもとに、場合によっては泣く泣く行く場合もありますが、「年季」が明ければ家に帰れます。しかし朝鮮王朝の奴隷制度の中では、確かに年齢的な限界はあるけれども、奴婢の階級はずっと奴婢で、売られて商品価値がなくなると戻り、またその子が妙齢に達するとキーセンとして売られるということを繰り返していたのではないでしょうか。
 ゆえに、朝鮮王朝の中の遊女たちは、親にキーセンにさせられ、官婢、私婢は性の奉仕をさせられた。日本政府が「強制はならぬ」とおふれを出したけれども、そもそも歴史的に強制が普通の国で、武士道なんてもんがないのであれば、たぶんほとんどが強制になったはず。(募集をかけたら応募が殺到したのだそうだが、給金がいいから一般階級の中からも応募が発生し、奴婢では、よくきく話で、キーセン宿から「転売」されるケースもあった。)
 「慰安婦」というのも元から朝鮮王朝にはいたらしく、そもそもキーセン自体、両班が一般の子女をおかさないために設けた制度だという説もある。日本の従軍慰安婦と同じ発想ですね(慰安婦制度のなかったアメリカの戦勝地での軍人による民間人婦女暴行の数はとんでもなかったらしい。そういうのを避けるため。)。
 つまり、朝鮮王朝でもともとあったキーセンという階級に、日本がいざ統治をするようになって「従軍慰安婦」という制度を設けた。「キーセン」という大くくりの中から、高級娼婦「従軍慰安婦」を抽出したような恰好でぽんと置いたということです。日本軍の扱いは「性奴隷」ではなく、「金銭契約」であった。その仕事に使うには不適切な言葉かもしれないが、伊藤整いう所の「職業婦人」であった。ところが、元から現地では否応なく女を従事させている慣習があったという認識が日本政府にはなく、日本の遊女同等という認識をして「従軍慰安婦」の募集をかけた。結果多くの強制が生まれる。
 
 長くなりましたね。
 戦前多く日本にこの奴婢階級(ペクチョン)が「連れてこられた」と言われているんだけど、ドラマに多く登場する奴婢たちを見るにつけ、「連れてこられた方が幸せだったんじゃない?」と思うことが多い。本当に汚い、ひどい、貧しい。
 それに遊女史を知っている人はわかると思うんだけど、キリスト教思想が入ってくる前はそんなに性に関しては貞操意識が強かったわけではない。その種の本を読めばたいがいそう書いている。遊女といえば出稼ぎ感覚だった。なぜ出稼ぎになりえるかというと、民俗学を紐解けば見えてくるかと思う。

 朝鮮王朝400年という時間をかけて確立した制度のところに、日本が35年いって、そういうものを上に置いたところで、基礎となる慣習自体は変えようがなかった。今アメリカ、韓国に多く慰安婦像が立てられているけれども、私は、あれは朝鮮王朝下で性の犠牲になってきた、多くの奴婢階級(性奴隷)の女性たちの象徴だと思っている。そもそも「性奴隷」という言葉も、それに似つかわしい状態が半島にあったから出てきた言葉だろう。
 あの少女像が、たった35年統治の日本の慰安婦の象徴と我々がいうには、あまりにも厚かましい。謹んでご辞退申し上げるべきである。
posted by きよら at 22:16| 社会・政治

2017年11月12日

物価上昇率の目標に達しないのは大阪のせいでは

 去年学校で職員室の電気が切れ、女子休養室の電気も切れたので技師さんに交換をお願いにいった。技師さんは男性で女子休養室は女性教諭がついていなければならないというので私がぼーっと作業を見上げながら待っていたのだが、メーカーどこだろうと思ったら東京に本社がある会社だった。たぶんこの蛍光管も単価下げられてるんだろうなあ、それでもここでパナでも使ってあげれば損益補充の足しになるだろうになあと思ったが、入札制度だから無理かなとも思いつつ、ふと考えた。

 大阪府の高等学校は今多く廊下の電球が抜かれた状態で、学校によっては二階以上一本もついていない廊下もある。当然これは緊縮財政の結果なのだが、果たしてこれによって企業は幾らの損益をこうむっているのだろうか。
 私が年に蛍光灯の交換をお願いするだけでも五本はある。教員一人辺りそんなふうに交換を願い出ると府下教員一万人はいるから、単純計算で小中高校支援学校で五万本、さらにつけてないで本来換えられるはずだったものを入れるとまあ、七〜八万本にはなるだろうか。これの電球単価を一本辺り平均マイナス200円のものを使ったと考えると全部でマイナス1500万円ぐらい?
 そんな少なくないと思うけど。
 実際は府下で考えると府下公務員は八万人いる。
 まあ、こんな面倒な計算をしなくても、私が言いたいのは、府の予算がこうして毎年のように減らされ通知され、安いものに、あるいは使わないようにとされているが、結局つまるところ何が減らされているかというと、関わる企業の売上が大幅に減っているということなのだ
 学校の中でも、文房具、印刷機、コピー機、プリンター、トイレットペーパー、その他備品から大型のものまで、さらに清掃その他サービスも入らなくなっているから、億単位で削減されている。
 学校の中でさえそれなんだから、警察も消防署も病院もその他施設も同じことだと思う。
 数億、下手したら数十億。
 これだけ民間に金が流れていない。
 公共工事も大幅に削減されている。要するに土木関係者にも金が流れていない。
 先日人事院が、若い先生の給料があまりにも低すぎる、これでは人材が確保できないから給料をあげなさいと勧告したが、この勧告を蹴った。知っている人は知っているが、公務員給与表は、民間企業がそれに準ずる指標として用いている。つまり中小企業だと公務員の給料が下がればそれに合わせて下がるところも少なくないと言うことだ。
 上にも書いたが大阪府下、公務員だけで八万人いる。この人たちの金が動きにくいだけでなく、中小企業も同じ状態。物品の発注は億単位で減り、公共事業も削減、ついでに府の施設も削減。道路が未だにまだらのところが多い。道でつまづく危険さえある。

 大阪の周辺府県は、東京のそれと同じく大阪と言う大都市のベッドタウンであることも多い。滋賀だとて大津市からJRで40分、十分通勤圏である。近隣県に暮らしながら勤務先大阪という人も少なくないはずだ。これが一体、日本の経済動向の何%をしめるのか、誰か計算をしてみてほしい。
 つまり何が言いたいかというと、経済の中心都市の一つで、官庁主導型デフレ政策をやっているということ。みんなかつて橋下氏が公務員の給料を減らすと言って、拍手喝采で迎えたが、実はあれは自分達の給料を減らす助けになっただけのこと。その他府施設の下請けとなった企業の収益も下がり、土木工事業者の収益も給料が下がった。公務員だけで八万人の給与、これがさらにどれだけの影響となっているのか。
 しかも公務員にしても中小企業にしてもコンスタントに収入が入るはずのサラリーマン世帯、要するにローンを組み高額の商品を買う世帯でもある。
 
 現大阪府知事松井氏は、声高らかに「身を切る改革」というが、私には企業や民間を巻き込んだ一大デフレ主導以外のなにものでもないと思う。

 …実は今日初めてこれを書くのではなく、以前にも書いたことがある。その時は公務員の給料にばかり目がいったが、ふと、それだけではないことに気がついた。去年に気がついて何で今に書いているかというと、私が公務員の外の人になってからの方が説得力があると思ったのだが、もう外の人になろうという気持ちが強まったのと、プリンターがポンコツすぎて50枚の無駄紙が出たのに頭に来て、今書くことにした。
 
 日本の物価指数が上がらないのは、大阪府の「身を切る改革」のせいだと私は思っている。是非「大阪府のデフレ主導政策」に名前を変えていただきたい。
 最悪数百億は滞っている。

 安部政権も改憲の功績がほしいばかりに、あまりにも維新に肩入れしすぎなのではないか。結果として政権安定の基盤である経済で足を引っ張られては、元も子もない。
posted by きよら at 22:52| Comment(0) | 社会・政治

2014年11月29日

2014年選挙戦

 ここ以外では公に発言することもなくなり…(ここ以外で読んだならそれはプライベートで書いたものが不正に流出した以外はありえない)

◎今夏景気足踏み現象
 経済学の入門書を読んでいたら不思議なことが書いてあった。自然現象など突発的に起こる予測不能なことはエポケーしてしまう、みたいな…。
 小説とか物語とかストーリーでは、むしろ予測不能なことをポンと放り込んで「本当らしくする」、言ってみれば「リアル※」にあることのように見せるのだが、なぜそのようなことをするかというと、リアルというものはそういうものであるからだ
 だいたいにして架空ストーリーにしても、書き起こされるリアルストーリーにしても、「まさか」があるからドラマになるのであって、「まさか」がなければドラマにならないケースも多い。
 ピンチだらけのこの世じゃこんな予測不能なことをエポケーする理論役に立たないのじゃないかしらん、と思いつつ、まあ素人の考えなので勝手なことを言ってらぐらいに受け止めていただきたい。

 今年のまだ暑いうちだったかしら、近くのスーパーで2Lのペットボトルが100円でセールされていた。(定価350円ぐらいだっけ?)
 それが一度や二度じゃなく、その時「何かがおかしい」と思った。
 要するに飲料なんてものは賞味期限があるため、それを見越して時々在庫を整理するためにセールを行ったりする。スポーツ飲料やお茶なんかが大量にさばけるのは夏だけれども、たとえば賞味期限が来年7月であるものを来年5月6月売りさばけるのにかけて置いておくなんてことはしない。ましてあるからといって工場は施設や人件費を考えると生産をストップできないし、多少赤字でも売れるところで早めに放出しないととんでもないことになる。
 このペットボトル2Lが100円で売られているのを見ながら、今年の夏は例年よりもかなりさばけなかったのだろうなあ、などと思った。だって暑くてたえられないという日は数えるほどしかなかった。飲料が恋しくてたまらないという日も数えるほどしかなかった。さらにこういう飲料を次から次へと必要とするには外出して暑さにさらされることが要件だけれども、土日は雨や災害ばかりで必要がなかった。
 思うに、その土日のしつこい連日の雨や災害を見ながら、今夏は経済上の大打撃をあちこちでこうむっているのではないかと思った。だいたいエアコンを新しくとも、扇風機を新しくとも思わない。でかけないから食事もしないしでかけないので洋服も靴もいらない。(書いててくどくてちょっとイライラしてきた)
 そんな状況を経たら景気が足踏みなり失速するのは当然だと思ったのだが、なんか世間は違ったらしい。
 難しいことを考える人の頭ではわからんかったらしい。
 やっぱさんまの価格が50円で目ラブラブさせる人の基準にまで落ち、土日はどこかへ行こうというと「土日は雨だから雨の中に言ってもつまらん」と喧嘩する人の頭で考えないと世の中の流れなんて見えないのかもしれない。

 それは不運であった。
 消費税増税の翌四半期にこんな天候不良が来るなんて。
 ただこの天候不順毎年来そうな気はするんだけど。
 一番うれしかったのはパルムの箱売りが値下がりしたことかな。

 うふ。
 で、メディアがアベノミクス失敗失敗と言ってる間に株がどえりゃあ下がったので買い増しちゃった。

◎テレビでの討論
 思うんだけど、景気が上向きになったら株価が元通りになるって当然のことだよね。
 そしたら円安もやってきて原材料費が高騰するのも当然のことだよね。
 一番元を生産する中小企業が打撃を受けるのも普通に想定内じゃない?
 でテレビ見ていた感じ、中国企業が参入し新しくてよい商品をバンバン作っているせいもあるというが、これは景気回復しようがしまいが同じことじゃない?
 大企業だって子孫請けに発注金額上げるには、ある程度の安心がなければ上げられないしさ。
 ていうか、各党の討論をテレビで見てて思ったのだが、誰がやっても同じになる景気上昇のルートで、こういう中小企業が景気回復の実感がないのをあげて攻撃をするのはなんかおかしいと思ったんだけど。

 中でもこの討論がなんか変だなと思ったのが、要するに4〜6月期は増税の影響で景気が足踏みし、7〜9月は自然現象のために景気が足踏みし、後者は不測の事態だった。その後に行ったアンケートで賃金が上昇していないだの、景気回復の実感がないだのというのは当然だし(ていうかそれ以前にこの時期に賃金あげる会社ってあるの?決定は3月4月じゃない?)、それで自民を攻めるのはなんだかなあ、だし、そもそも直近で見える「過去」で政策を云々言うのはどうなの?
 だいたい消費税を増税するのも年金福祉のためだよね。
 このままいくと日本は破たんする、それゆえの消費税。
 ところが現状ではさらに消費税を上げると景気回復もそれにともなう税収も減り、消費税すら予定よりも低い数字でしか得られず共倒れしかねない。(たとえ違ってもそれが一番わかりやすい。裏の事情なんて意味ない。)
 だから消費税増税先送りなんだよね。
 これが今回の選挙の大義じゃないのかしら。
 その、自分の懐しか見えていない人は、今消費税で家計がうんたらいうけど、このままだと年金や社会保障ができなくなるんだよね。そしたらその時なんていうの。
 そもそも私今の制度でおかしいと思うのは、日教組の悲願であった高校無償化と子供手当てで、こういうのは消費税20%の国がやっていい施策であって、今の8%ごときでやってはいけないと思う。だから現状を考えれば、廃止とはいかなくても、中止すべきだとは思うんだ。
 日本の国庫ってそれだけ余裕がない。
 ところが高校無償化をやり子供手当もやり、もしかして子供の医療費がただで、親の年金もちゃんと払ってねってそりゃ無理ですよ。
 ここで必要となるのが消費税増税でしょう。
 でも、それでも経済状況を考えて1年半先送りする。
 「未来の補償」を一時延期するんだから国民に信を問うて当然じゃないの?
 何が大義がないのかさっぱりわからない。
 その一年半で失う社会保障費がいくらだとか言えばいいのに。それでもいいですか、景気回復にかけていいですかってきけばいいのに。
 選択制で話しないと人は選べないよ。

 でもね、反論している自民党さんもへたくそだと思うんですよ。
 だって直近の国民アンケートでは景気の実感が半分以上ないって結果は出てるのに有効求人倍率が増えたのどうのと言ったって、その恩恵を被っているのは求人倍率が増えた分だから、せいぜい全体の数%でしょ。高校生なら選挙権ないじゃん。選挙にはまるで効果がない。
 だったら全員が恩恵を被ったことを訴えないと。
 たとえばアベノミクスで株価が上昇し、その運用益で年金が黒字に転じたとか、株式会社の資産が増え、大企業からの税収が上がって国の借金が減ったとか。目には見えないけれども着実に変化した全員に該当する恩恵を列挙して強調しないと。みんな意外と知らないんですよ、この事実。マスコミが報道しないから。
 だから安倍さんなんかが選挙演説してるときにテレビがきてるんだったら、ここばっかり繰り返してもいいって感じ。道半ばで夏の天候不順もあって景気が足踏みしてしまったけど確実に変化はあるんだからもうちょっと耐えていただきたいとか、そういうこと言わないと。わかりにくい。
 増税の先送りをしてでも景気回復を優先したいとか、増税して景気が失速して総合的にマイナスになっても困るとか、その時こそが本当のアベノミクス失敗だとか。そういうこと言わないと。

 かつて安倍さんは消えた年金問題で、一人残らずお探ししてお支払するって言ったけれども、支払う金がなきゃ支払えないんだよね。で、予算削減ばっかりの民主党のやり方では年金分のみならず税収が確保できないと考えたからカンフル剤が必要と考え、あの経済政策に至ったんだよね。
 一番原点をもう一度説明して、進むべきルートを示したらどうだろう。
 中小企業の給料が上がらないというのは(ちなみに倒産件数も減ったんだからまあどう見ても道半ばよね)、私からしたらルート上当然のことだと思ったし、そういう「足踏み状態」を失敗って言ってる人は世の全体の動きが見えてない人なんじゃないかな。
 家庭教師してる子に高原現象が現れて、この家庭教師はダメだ!っていう親みたいなもんだ。

 とにかく前四半期の減速が予測不能とかいうのもわけがわからない。
 スーパーに毎日通わなくていいから、スーパーの広告とか家電量販店の広告とか毎日チェックして、家族でもっとレジャーを楽しんだ方がよいよ。数でかければ新しい車もほしくなるし。

 ということで思いついたことを書いてみた。
 ところでなんで、予測不能なことはエポケーするの?
 予測不能なことをあえて想定しておかないとリアルじゃないよ。

※リアル・・・作品世界内という彼岸の中の「現実」に対して此岸であるこの世という現実を表現するのに「リアル」という言葉を使用する
posted by きよら at 16:34| Comment(0) | 社会・政治